少人数での練習

昨日は欠席者が多く少人数での稽古でした。


火曜日と木曜日は欠席者が多い傾向にあり、悩ましい

状態ですが、参加できた子どもたちには直接指導が

できるチャンスでもあります。


人数が多い時は最初活気がありますが、子どもたちは

だんだんダレてくるように感じます。


指導する側は全体に向かって声掛けをするので個人に

時間をかけて指導することができにくいため、子ども

も「見られてないな」と感じ、おしゃべりが増えてくる

ように思います。


逆に少人数の稽古では活気を作り出すのは時間がかかり

ますが、1to1あるいは1to2での指導をしやすいので

子どもたちの取り組みも真剣になります。


一人一人の眼を見て指導する、会話をすることがいかに

効果的なのかを感じます。


逆に言えば日頃きちんと向き合えていないのかと反省も

するのですが...


少人数でも大人数でも、稽古をする本人の意識でいい環境

をダメにすることもあるし、環境が整っていなくてもよい

稽古はできるということですね。


人数が少ない稽古中の子どもたちの取り組みを見て、

「指導することは難しいな」と改めて思いました。







84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示