なぜ柔道をしているのか?


古賀氏から手渡していただいた直筆サイン



先日、縁あってバルセロナオリンピック柔道71kg級

金メダリスト、古賀俊彦氏の講演会に行きました。


講演は経営者セミナーでしたが、柔道を指導するうえでも

非常にためになる内容でした。


以下に講演会の簡単な内容を書きます。

古賀 稔彦氏講演会 

天才とはなにか?

 一般的には人とは違う才能を生まれながらに持っている

 「個人」を指すことが多い。が、

 そうではなく、文字通り「天賦の才能」(天が個人に与えた才能)

 のこと。つまり、人間は誰でも天才を持っている「天才である」

 ということ。


それぞれに与えられた能力(天才)を引き出すために

 挑戦をする → 頭で考えた答えではなく、実際に行動すること

 挑戦すると、頭で考えたのとは違った答えが見つかる(あたりまえ)

           ↓ なぜなら。。。

 挑戦(努力)すれば

 悩み、痛みが伴うが同時に成功の「喜び」、「経験」

 を得る事ができるから

 何より、関わった「仲間」との出会いが生まれるから

  「喜び」「経験」「仲間」

       ↓

 その後の人生に大きな影響力を持つ


自分の夢を実現した人の性格・考え方

 「欲」を人一倍持つ:もっとこうしたい、こうなりたいという思い

 〝自分の持つ「欲」の達成のために、人の2倍、3倍の努力をする″

  自分の「欠点」を認めることができる

        ↓

  満足せず向上しようとする思い

 〝欠点を克服することは、長所を増やすことに繋がる″

  自分の限界を知り、100%を101%にして、続けていく

           ↓ その上で


目の前の現実から逃げない「実行力」を発揮するためには

 ソウルオリンピックの敗戦で気づいた、「感謝」する心

 自分が頑張った、自分が戦った、自分が敗けたではなく、

 自分に関わる たくさんの人たちの支えで頑張ることが

 できたとの思い。

 「支えてくれる人の悲しむ姿を見たくない、喜ぶ姿を見たい」

 「利他」の心を持つこと


柔道から学んだ加納治五郎先生の教え

「精力善用 自他共栄」

 精力 : 自分が持つ思い、力

 善用 : 自分が善い(良い)と思うことに使う

 自他 : 自分と他人

 共栄 : 一緒にいい方向に進んでいく

 自分が良いと思うこととは、自分に都合のいいようにという意味ではなく

 自分がなにか選択を迫られたときに、一般的に見て当然良いと思われる事

 を実行しなさい、ということ。

 自分だけが良い思いをするということでなく、自分と関わる他の人も一緒に

 栄えていきましょうということ。

 

「感謝」の先に見えたもの

  自分は一人で生きているわけではない。「人間は一人ではない」

「古賀塾道場 五訓」

  一、「はい」という素直な心

  一、「ありがとうございます」という感謝の心

  一、「私がします」という奉仕の心

  一、「すみません」という反省の心

  一、「おかげさま」という謙虚な心


誰でも当然と思うことを普通にできる心を持とう。



講演会で感じたことは、成功を成しえた人は決して

特別な存在ではないということ。

確固たる向上心と人に感謝し、人のために動こうと

努力できた人が本当の成功をおさめることができる

ということでした。


子どもたちにも普通のことを普通にできるように

意識して日々の生活、稽古に励んでほしい。

81回の閲覧

練習時間

火、水、金、土曜日(祝日休)

※試合などあった場合は火曜休

19:00-21:00

アクセス

〒861-8007

熊本県熊本市北区龍田弓削1丁目9−24

柔道教室募集担当TEL:090-5285-1447

Mail:syouryuukan@yahoo.co.jp

松龍館柔道場

サイトマップ

松龍館柔道場©2018All Rights Reserved